便利サイト

便利サイト

便利なサイトを紹介している人のアフィリエイター

アフィリエイター

アフィリエイターページ

職業紹介事業

職業紹介事業(しょくぎょうしょうかいじぎょう)とは、就職・転職の仲介を行う事業の、行政における呼称である。一般的には「人材紹介」と呼ばれている。隣接する事業に、労働者派遣事業がある。 日本においては、厚生労働大臣の許可を受けた職業紹介事業者が、転職を希望する求職者と労働者を求める企業(求人者)との仲介を行って、双方の要求を満たすような転職の実現を目的とするサービスを提供する、とされる。 企業(求人)側は、戦力となる労働者を「人材」もしくは「人財」と呼称することが多く、「職業紹介事業」という表現よりもむしろ「人材紹介」という言葉のほうがはるかに一般的である。

こんなに便利な指数・対数・ベクトル

こんなに便利な指数・対数・ベクトル

こんなに便利な指数・対数・ベクトル (ニュートン別冊)

新品価格
¥2,800から
(2015/6/6 05:33時点)

こんなに便利な指数・対数・ベクトル

現代科学では,さまざまな数学の道具が大活躍しています。本書では,そのような便利な数学の道具である,指数,対数,ベクトルについて取り上げました。世の中には,「同じ数をくりかえしかけ算する」という場面がたくさん出てきます。「同じ数をかけ算する回数」のことを,数学の世界では指数とよびます。対数では,たとえば「10を何回かくりかえしかけ算すると1000になるとき,10をくりかえしかけ算する回数は何回か?」というのをlog101000と表記します。log101000=3です。対数というのは,いってみればたったこれだけのことであり,基本的な考え方自体は決して複雑ではありません。ただし,その威力は絶大です。対数を利用すれば,たとえば2の29乗のような手間のかかる計算も一瞬で計算できてしまいます。電子計算機のない時代,対数は自然科学の発達のいしずえとなったのです。ベクトルという言葉は,日常生活で使われることもありますが,数学や物理学では「大きさと向きをもつ量」として用います。ベクトルとは「矢印であらわせるもの」といってもよいでしょう。たとえば風は,「秒速5メートル」といった大きさと,「東向き」といった向きをもつので,ベクトルであらわすことができます。実は光の正体もベクトルと密接な関係があります。ベクトルは,自然界のしくみを理解するのに非常に役立つものであり,その考え方を理解すれば,日常の風景もきっとちがって見えるようになるはずです。本書では,さまざまな実例を通して,指数,対数,ベクトルを基礎からわかりやすく解説していきます。(Amazon.jpより)

Copyright(c) 便利サイト Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com